徒然日記(ブログ)│京都 湯の花温泉 すみや亀峰菴

  1. トップページ
  2. >
  3. お知らせ一覧
  4. >
  5. 徒然日記
  6. >
  7. オーストリアワインの旅7 ~ワイナリー「ピヒラー」「プラーガー」

オーストリアワインの旅7 ~ワイナリー「ピヒラー」「プラーガー」

2016年6月17日

徒然日記

前回のヒルツベルガーに続き、今回もヴァッハウの作り手
「ピヒラー」と「プラーガー」に訪問した時の話です。

DSC_3816
FXピヒラーは現在の当主ルーカス・ピヒラーのお父さんである、
フランツ・クサファー(FX)・ピヒラーの名前が
そのままワイナリーの名になっています。
かのワイン評論家が、FXは、ロマネコンティーや
ムートンに並ぶワイナリーであると表したぐらいの
スーパーワイナリーであり、今では手に入らない
銘柄のものもでてきているほどです。

DSC_3809DSC_3821 ワイナリーから車を走らせ、ドナウ川とロイベンの町が見下ろせる
急な斜面の畑でテイスティングをさせてもらいました。
ミネラリーで硬質な白ワインで、グリューナーフェルトリーナーでは
その特徴であるペッパーの香りをよく感じられ、リースリングでは花や蜜のニュアンスがあります。
すぐ近くでは雨が降っているのが見え、雷鳴が響く中、
なぜか我々のいる場所だけは雨が降ることなく、すずやかな、少し曇った空の下で飲むワインは、
深みを帯びた味わいにぴったりと思いました。

 
DSC_3856DSC_3859
続いてプラガーにいって参りました。

現当主のトニー・ボーデンシュタインに
テイスティングと、畑の案内をしていただきました。

彼はもともと学者さんであり、ぶどう栽培に関しては独特の考えが
あるようで、ほかのワイナリーにはない特徴があります。
そのひとつがシュトゥッククルトワと呼ばれる仕立て方。
非常に狭い間隔でぶどうを一本づつ植えることにより、
根がかなり深いところまで伸びていき、
存分に大地のエネルギーを吸い上げます。
しかも一本のぶどうに付ける実は一つなので、
とても凝縮された果実を得ることができるのです。
この仕立て方により、ヴァッハウでも屈指の急斜面かつ、
標高の高い畑でもぶどう栽培が可能になったとのこと。

DSC_3885
そのヴァッハウで最も急斜面と言われる畑に登りました。
トレッキングをしている感覚です。ここで機会の力に頼らずに作っているのだと思うと、ひときわ有り難みが増します。

 

 

 

 

 

 

すみや亀峰菴にお越しの方は
是非オーストリアワインをお楽しみください

また、ご自宅でワインを楽しみたい方は
オンラインショップ「柿の花」からどうぞ。

  • 当庵おすすめ! エステ・リラクゼーション 小湯治 Ko-Touji
  • 日帰り温泉 Daytrip Spa
  • ダイニング Dining
  • ご自宅で楽しむ お取り寄せ Shopping Site
  • 過ごし方 How to spend
  • 予約特典 Premiere
  • ワインを楽しむプラン 5種類のワインをグラスでサービスいたします。
  • 露天風呂付客室に泊まれるプラン 6種類の室礼の異なる露天風呂客室で贅沢な時間を過ごす
  • 最上級のおもてなしプラン
  • お祝い・記念日プラン お花のアレンジメントかケーキかをご用意!
  • 日帰り温泉プラン 日帰りですみや亀峰菴を楽しむ
PAGE TOP
閉じる