徒然日記(ブログ)│京都 湯の花温泉 すみや亀峰菴

  1. トップページ
  2. >
  3. お知らせ一覧
  4. >
  5. 徒然日記
  6. >
  7. 徒然日記 おすすめ京都観光 「 京の三大奇祭 やすらい祭」

徒然日記 おすすめ京都観光 「 京の三大奇祭 やすらい祭」

2017年4月10日

徒然日記

つれづれに訪ねる おすすめの京都をご案内  「京の三大奇祭 やすらい祭」

やすらい祭は、京都市北区にある今宮神社で行われる祭として知られており、
「鞍馬の火祭」「太秦の牛祭」とともに京の三大奇祭の一つに数えられ、
国の重要無形民俗文化財に指定されております。

昨日9日、やすらい祭を見に行きましたので、ご紹介いたします。

IMG_20170409_122334

赤い花傘を中心に、赤毛・黒毛の鬼たちをはじめ約20名の行列が、お囃子に合わせて踊り歩きます。
疫病を鎮め、健康を願う春のさきがけの祭として知られ、
この花傘の下に入ると一年間健康に過ごせると云われています。


 

IMG_20170409_122920


↑行列で向かう先々で、多くの人が一年間の健康を願い花傘に入っていました。



町を練り歩くのは、やすらい踊りで花傘に疫神を惹き寄せる為です。
花傘に集められた疫神は今宮神社の疫社へと鎮められ、一年の無病息災が祈られるのです。



 

IMG_20170409_122153IMG_20170409_122213.


左の写真が羯鼓(小鬼)です。この役目は小学生3年生頃までの子供二人が担います。
羯鼓廻しと呼ばれる大人が一人付き添いますが、小鬼二人でしっかり目と息をあわせ、
太鼓をたたきます。


右の写真は「大鬼」です。輪になり、鉦や太鼓をたたきながら飛び跳ねて踊ります。
まさに奇祭!といった感じでしょうか。  中学、高校生が担います。

 

IMG2017 (1)



こちらの写真は「囃子方」。
小学生も交じっています。

やすらい祭は町の各所を練り歩き、あちこちで踊るのですが、
それが結構な距離と、踊りの回数。
慣れない草履に重さのあるカツラ。
そして、お囃子は踊りのない時も途切れることがありません。

なかなか、どの役目も大変ですが、
子供たちはしっかりとこなしていました。
.
これらのお囃子や踊りは毎年祭りが近くなると夜に皆で集まり、
昨年経験した子供たちの先輩が,踊りや囃子の手ほどきを行い、代々伝承しているそうです。

IMG2017 (2)


やすらい祭は毎年4月の第2日曜日にあります。雨天中止なので心配しておりましたが、
無事開催されて良かったです。そういえば、このやすらい祭
「祭の日が晴れれば、その年の京都の祭事はすべて晴れ、雨ならばすべて雨が降る」
という言い伝えもあります。
今年の京都の祭は小雨となるのでしょうか。

 

 

◎湯の花温泉から今宮神社への所要時間 約65分


【 すみや亀峰菴 ⇒ JR亀岡駅 ⇒ JR二条駅 ⇒ 京都市営バス46 ⇒ 今宮神社前 下車すぐ 】

今宮神社は歴史ある「あぶり餅」も人気です。

カテゴリー

新着記事

アーカイブ

  • 当庵おすすめ! エステ・リラクゼーション 小湯治 Ko-Touji
  • 日帰り温泉 Daytrip Spa
  • ダイニング Dining
  • ご自宅で楽しむ お取り寄せ Shopping Site
  • 過ごし方 How to spend
  • 予約特典 Premiere
  • ワインを楽しむプラン 5種類のワインをグラスでサービスいたします。
  • 露天風呂付客室に泊まれるプラン 6種類の室礼の異なる露天風呂客室で贅沢な時間を過ごす
  • 最上級のおもてなしプラン
  • お祝い・記念日プラン お花のアレンジメントかケーキかをご用意!
  • 日帰り温泉プラン 日帰りですみや亀峰菴を楽しむ
PAGE TOP
閉じる