折節の催し・イベントをお知らせ│京都 湯の花温泉 すみや亀峰菴

  1. トップページ
  2. >
  3. お知らせ一覧
  4. >
  5. 折節の催し
  6. >
  7. 8月16日 京都 五山の送り火

8月16日 京都 五山の送り火

2019年8月17日

折節の催し

京都では毎年8月16日、夏空に浮び上る五山の送り火は
祇園祭とともに京都の夏を彩る風物詩、
お迎えしたご先祖様の魂をふたたび冥府にお送りするため意昧をもつ、仏教的行事です。

今年は台風の影響で、16日早朝まで大雨でしたが、
昼からは台風一過、とても良いお天気でした。


送り火は東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られていますが、他に金閣寺附近の大北山(大文字山)の「左大文字」、松ケ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」および上嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」があり、これが8月16日夜、5分間隔で順番に点火されます。
<参考:京都市観光協会HP https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/>

今年もご縁あり、
「妙法」の「妙」の火付けの様子を写真でいただきましたので、ご紹介いたします。

 


 

 

 

火床に組んだ木に火をつけます。
この木を組む作業は涼しい早朝に行うことが多いそうですが、
今年は台風により、昼に準備されたとのこと。



夜、点火前は京の町の明かりが次々と消え、
五山の送り火に備えます。
京都タワーももちろん真っ暗です。

点火は夜8時、大文字山から順番に火が灯されます。

 

 



妙法は大文字の次、2番目ですので、8時05分。時間になると、妙と法二つの山から見えるビルの上から光で合図が送られ、その合図により2山同時に点火されます。

 

 

 

 

 

 

 

妙の火床数は103基。









 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、妙の山からは大文字が見えます。
上の写真の右のほうに写っていますね。

妙法や舟形などが見れる北山通はとても混みあっておりましたが、
これぞ、夏の風物詩。皆様、ご先祖様をお送りすることができたのではないでしょうか。

夏ももう終盤ですね。
花火に海、家族旅行、夏祭り、皆さまは夏を満喫されたでしょうか。
まだもう少し夏を楽しみたい方、是非 温泉にのんびり浸かりに来てくださいね。


すみや亀峰菴へのご宿泊予約はコチラ
ご予約はこちら

カテゴリー

新着記事

アーカイブ

  • 当庵おすすめ! エステ・リラクゼーション 小湯治 Ko-Touji
  • 日帰り温泉 Daytrip Spa
  • ダイニング Dining
  • ご自宅で楽しむ お取り寄せ Shopping Site
  • 過ごし方 How to spend
  • 予約特典 Premiere
  • 旬の料理を心行くまで 季節のおすすめ特選料理
  • 日帰り温泉プラン 日帰りですみや亀峰菴を楽しむ
  • お祝い・記念日プラン お花のアレンジメントかケーキかをご用意!
  • ワインを楽しむプラン 5種類のワインをグラスでサービスいたします。
  • 露天風呂付客室に泊まれるプラン 6種類の室礼の異なる露天風呂客室で贅沢な時間を過ごす
  • 最上級のおもてなしプラン
PAGE TOP
閉じる